美味しいお茶の見分け方


中国茶は、製造過程でほぼ茶葉の形がそのままのことが多く、最近の台湾の烏龍茶は発酵も少し、焙煎もないお茶がほとんどで、飲んだ後の茶葉をじっくり観賞すると、茶葉の環境や製造方法など、おいしいお茶を入れる情報が沢山つまっています。

直ぐに捨てずに、味、香りを思い出しながら観賞すると、次に煎れるお茶の参考になります。