お知らせ

緑茶の飲み頃

日本の緑茶のように、蒸す製法ではなく、焙煎して仕上げる中国緑茶。お茶を入れた後の形がしっかり残るのが特徴です。 新茶は、透明の器にで入れ、茶の葉が水を含み縦にはらはらと沈んでいく様を見ながらお茶を楽しみ、そのタイミングで飲むと味も香りも一...
お知らせ

蓮花茶 と霊地普陀山

浙江省寧波市の沖合にある舟山島中の山で、唐代に始まる観音信仰の霊地普陀山は東シナ海に浮かぶ陸の孤島。上海の友人と3家族で酷暑の中旅をしたことがあります。 霊地普陀山は日本の僧の恵鍔(えがく)が五台山より帰国の途中,ここに観音像をまつり,寺...
お知らせ

花火

まるで大輪の花火のような花、ハマユウが今年も自宅で咲きました。 思い浮かべるのは、海辺のハマユウと砂浜。今年も近くの海水浴場は中止。人気の砂浜で沢山の花を咲かせていることでしょう。
お知らせ

アイスで烏龍茶

食欲アップには、やはり見た目の涼しさも大事です。 ガラスの器に茶葉を入れ、少量の熱いでお茶葉をふやかし、たっぷりの氷でアイスティ。 夏のおもてなしに一工夫。
フォトギャラリー

桃源郷

中国では天国には桃の花が満開で、そこは桃源郷と言われる。景徳鎮の絵付けも桃の花が多い。 少し前に台湾に行った折、イギリス人オーナーのコレクションの中に鮮やかな桃の絵付けの器を見つけ、その場でオーナーに電話で交渉し、なんとか手に入れた。 ...
お知らせ

上海のお茶屋さん

上海行きの楽しみの一つは、友人が準備してくれるお茶館。 中国の代表的な御茶所は福建省。この地方は、お茶産業以外に大きな産業はなく、若い人は、上海のような大都会に出稼ぎに来ている人も多い。 上海のお茶屋さんの中にも福建省出身者が多く、写真...
お知らせ

ひまわり

今日のお花は、庭のひまわりです。 夏空に大輪のひまわりも大好きですが、ちょっと小さめのものは、花瓶に飾ると愛らしいです。
お知らせ

上海で

2年前の写真を見ると、武夷山行きの高速鉄度の駅は、人で溢れていた。 コロナ禍が始まり、人々の往来も途絶えたが、今の中国は以前の日常を取り戻しつつある。 上海の友人もほぼ不自由なく暮らせるとのこと。 日本も1日でも早く、コロナのない、マ...
お知らせ

グラリオサ

小さな森のような様々な花や木が生い茂る我が家の庭。決して手入れが行き届いているとは言えません。 その中で、毎年夏になると必ず生い茂る茂みの中から深紅の花を咲かせるグラリオサ。今では植えたことも忘れるほど。 因みに花言葉は「勇敢」...
お知らせ

ずんだ餅

今月の教室は白茶と黄茶の飲み比べをすることにしました。 白茶はお茶を摘んでからほとんど干すだけ、黄茶の方はお茶を桑皮紙で包み低温で少し発酵させたどちらもとても繊細なお茶。 茶水も少し色が付くて程度。でも、飲むと白茶は広い高原で思い切り草...
タイトルとURLをコピーしました