重陽の節句

お知らせ

重陽とは、五節句の一つで、一番大きい陰の数、9と9が重なることから重陽と言われ、旧暦では菊の咲く時期にもあたり、菊の花節とも。
五節句とは、3月3日桃の節句、5月5日端午の節句、7月7日七夕、9月9日重陽の節句、1月のみは7日に七草かゆを食べる七草の節句です。
季節の移り変わりを現すお節句の習慣。中国ではお茶の取れない地方で庭の菊を採って客人をもてなしたことから、菊花節とも。
蓋碗の蓋に蜂蜜を塗り、お茶は白茶白牡丹に菊の花。溶けた蜂蜜がほのかな甘さを感じさせ、秋を感じるお茶になります。

タイトルとURLをコピーしました