茶馬古道


茶馬古道は険しい山や川を多く想像しますが、馬の隊列が通ったとは考えられないような、小さな村や街の中を通過したことあったようです。写真は雲南の大理を訪れた際、今も残る村の茶馬古道の一部です。静かな村に響くのは、遠い昔の馬のひずめの音、石畳がその面影を残していました。