故郷は福建省   Recently updated !


上海の七辛路には、閉鎖になった九星お茶市場から移ったお茶専門のビルが出来、去年の今頃、地下鉄で1時間かけ、親しい店を尋ねました。

福建省で茶畑を持ち、製茶まで手掛ける李さんのお店では、老白茶という50年以上の樹から摘んだ白茶を購入。

教室に持ち帰り、皆さんと白茶の故郷福建省や、李さんの話をしながら飲むお茶は、春の干し草の中にも、野イチゴや甘露のような甘い香りとほのかな甘みが口に残り、心がほっこりとするお茶でした。