空海も見た 西安 


いつも金曜日が休日です。とりあえず映画に行き、お一人ランチ、花屋さん、デパート巡り、ここ何年の定番メニューです。
今週は2本映画を見ることになり、気になっていた空海を見てきました。
お決まりの中国映画はとても悲しい映画か、CGを使うありえない世界の話。今日は後者でしたが、お茶が日本に伝わった唐の時代のお話という事もあり、タイムスリップしたようで感慨深いものでした。絶世の美女 楊貴妃にも会え、作者夢枕莫のシナリオの面白さも堪能できました(写真は現代の西安:城壁の夜景)