雪待月茶会 梨山涎蜜茶の由来


梨山は台湾の2300Mほどの高山にあります。

高山では、虫の被害はほとんど受けませんが、高温が続いたり、手入れが行き届かなくて、虫の被害に遭うことがあります。

ウンカと言う虫は、稲には害虫ですが、お茶の木に付くと虫の唾液により、特殊な発酵が始まり、その虫を蜘蛛が食べるという相乗効果で、抜群の風味豊かなお茶が生まれます。涎(よだれ)が出るほど美味しいお茶。涎茶の由来です。