茶荷(ちゃか)


お茶葉を茶壺や蓋椀に入れる前に、茶缶などから茶葉を移し替え、茶葉を鑑賞したり取り分けたりするための道具です。

お茶会で、違う種類のお茶が出されるときは、そろぞれ別の茶荷を用意すると、香りが混じりることがありません。

お茶会では、先ず観賞用に茶荷に入れたお茶葉が回されます。お茶葉の色や艶を鑑賞したら、そのお茶の故郷のことも尋ねてみると、美味しさはより一層増すことでしょう。