蓋碗(がいわん)


蓋碗は蓋付の磁器のお椀で、茶碗蒸しの碗とよく似ていますが、中国茶の蓋碗は、蓋が中に入るように作られているのが特徴です。その、用途は、お茶を直接中に入れ、茶葉を避けがら飲んだり、茶壺のようにお湯を注ぎ、茶漉しで漉しながら小さな杯に注いで飲みます。見た目もとても可愛いものが多く、桃源郷の桃柄や、メダカ、金魚、中には蝙蝠もあり、沢山卵を産むことから子孫繁栄に繋がると、描かれるようです。特に手書きのものは、一つひとつ味わいがあり、見ていても楽しくなります。