烏龍茶は高温で 一気に 


しっかりと乾燥した仕上がりの烏龍茶
その訳は酸化を防ぐため、火入れをすることが多く、蒸すことで酸化を止める日本茶とは異なり、高温でないとほとんどの茶葉は上手く開きません。
高温で、高い位置から一気に入れることにより、一斉に茶葉が開き、花のような香りや完熟した果物の香りを引き出します。