雪待月茶会 白豪銀針の故郷


白豪銀針は、白茶の中でも高級なお茶。芽頭というまだ開いていない状態の新芽を使ってつくられ、白銀の産毛に覆われ光沢のある外観はきらきらと輝き、香りは春まだ早い時期の柔らかな干し草のようです。

茶水は無色透明に近い割に自然の甘みがしっかりとします。

白茶は福建省の福鼎で作られるものが高級とされます。山全体が茶畑で覆われ、1芽づつ丁寧に茶摘みされ、天日干しされます。