雪待月茶会 白牡丹(バイムータン)


緑の茶葉に囲まれた白い芽を牡丹の開花にたとえ、この名がつきました。

白茶なので、揉捻の過程が無く、茶葉はほぼ自然のままの姿で乾燥。今回は特に天日干しされているので、

陽をたっぷり浴びた茶葉特有の香り、旨味が凝縮され、少し成長した2葉まで摘まれるため、透明に近い水の色の割に

干し草を思わせるような、しっかりとした風味が楽しめます。