雪待月茶会 天目湖白茶


天目湖白茶は、江蘇省の天目湖の近くで作られている緑茶です。 紫砂茶壺の産地で有名な宜興よりもやや内陸に入り、安徽省との省境付近にあります。
天目湖は人工湖で、特産のなかったこの村で、日本流の一村一品を参考にして、天目湖白茶を世に出したことで有名です。

今では、人民大会堂で外国の要人をもてなすお茶となりました。4月に上海に行った折、親しいお茶器さんにごちそうになったお茶があまりにも美味しく、直ぐに手に入れたものです。