白茶白牡丹 黄茶霍山黄芽(かくさんこうが)

お知らせ

教室での春のお茶は清明節前の明前茶の緑茶 龍井茶から始まります。
今月は、白茶と黄茶の飲み比べをしてみました。
白茶はその名の通りほとんど無色に近いのですが、黄茶は淡い黄色の茶水です。
特に黄茶は珍しくその製法はとても手間のかかるもので、紙に包んだお茶を低温で長時間じっくりと発酵を促します。
驚くのはその香りとお茶の旨味です。どちらもほぼ無色透明にもかかわらず、白茶には新鮮な樹の香りと甘露にも似た自然の旨味、黄茶は野の干し草を思わせる香りと少し酸味を含む甘味。春茶はこれからが本番。台湾烏龍茶の仕上がりも気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました