茶の木と椿


お茶の木は、カメリアシナンシスと言う椿科の植物。

よく見ると、葉の形や実もよく似ています。

ただ、茶は南方の華木なりと言うように、日本より暖かい国の特産品。

冬に咲く日本の椿とは違い、お茶の花は白いのが特徴で、花をお茶にして飲むこともあります。