プーアール茶


雲南省はプーアール茶の産地です。

先ず、緑茶を天日に干し、その後蒸したものを漬物石のような重しで固め、乾燥したら、紙で丁寧に包まれ、長い年月をかけて熟成させます。

このことは、中国茶の世界で後発酵と呼ばれ、烏龍茶の半発酵のように途中で発酵を止めるお茶はあまり長い年月をかけるとお茶の旨味も風味も失われますが、このお茶は、年月を重ねるほど、美味しいお茶に仕上がります。