茶の故郷は中国

お知らせ

今、習っている、中国語のテキストの一文です。日本のお茶はもちろん中国から伝わりました。
今日戴いた落雁は、京都宇治のお寺黄檗山万福寺(おうばくさんまんぷくじ)のものです。
このお寺は、お煎茶を伝えた中国の隠元禅師に開かれたもの。生徒さんにはお煎茶の先生もおられ、日本と中国のお茶の関わりは、とても興味深いところです。写真は、少し古い本ですが、お茶伝来のことが分かりやすく書いてある本です。ご興味のある方は一読の価値ありです。

タイトルとURLをコピーしました